ハーブチキンささみ寿司で食中毒!どうみても危険!

東京都は16日、4月28日~5月8日に江東区青海で開かれたイベント「肉フェスお台場2016春」で提供された「ハーブチキンささみ寿司」を食べた8~41歳の男女49人が、下痢や嘔吐などの食中毒を発症したと発表した。


「肉フェス」で提供されたハーブチキンささみ寿司ってどんな料理だったのでしょうか。

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク








ハーブチキンささみ寿司


こちらが「ハーブチキンささみ寿司」の画像です。
sasamisusshi1.jpgsasamisushi.jpegsasamisushi3jpg.jpg
4カン、700円也。

どう見ても生の鶏肉がシャリに乗っているようにしか見えません。

これが日中20℃を超す気温の中、屋外の屋台で提供されていました。

そして、6日には食中毒の疑いがあるとして「ハーブチキンささみ寿司」の提供をやめるように指導が入ったにもかかわらずイベント主催会社「AATJ」は最終日まで販売を継続したそうです。

この行為にもはや「テロ」ではないかとの声がネットでは挙がっています。

カンピロバクターは危険


近年、食中毒の中でノロウイルスに次いで多くなっているのが「カンピロバクター」による食中毒です。

特に鶏肉には流通している肉の6割にカンピロバクターが付着していると言われています。

しかし、カンピロバクターは熱や乾燥に弱く十分に加熱すれば死滅するので、しっかり加熱していれば防げる食中毒であることがわかっています。

今回の食中毒は、外側の過熱が不十分だったか、生肉を処理する過程で包丁などの調理器具についていたカンピロバクターが提供する寿司についたと考えられます。

スポンサードリンク








肉フェスの評判








他にも、「見本に比べて実物がしょぼい」「値段が高い」などの声がよく聴かれます。

まとめ


ゴールデンウィークをすぎて、梅雨の時期になるとこれからはどんどん食中毒び危険性が増える時期です。

お子さんを連れて、「肉フェス」のようなイベントにいくときには、肉が十分に加熱されているか確認しましょう。

せっかくの楽しいイベントが台無しになってしまいます。

特に鶏肉は室内のお店で提供されていても、生で食べると食中毒を起こす人もいます。

実際、私の家族も以前「鳥刺し」を食べて1週間ほど入院することになりました。

鶏肉を生に近い形で食べるときにはそれくらいのリスクを覚悟しておいた方がよさそうです。

こちらの記事も読まれています。
AATJ株式会社の社長・畠山祐聖氏とは?食中毒問題の解決は?

スポンサードリンク


この記事へのコメント