松浦美帆のグランプリは本当に偶然?高校はどこ?

タレント・神田うの(41)、女優・栗山千明(31)らが所属する大手芸能事務所「スペースクラフト」が主催する「第1回 KiRA KIRA GIRLS オーディション」の最終審査が28日、東京・多摩市のサンリオピューロランドで開催され、静岡出身の高校2年・松浦美帆(まつうら・みほ、17)さんがグランプリに輝いた。 出典:デイリースポーツ


グランプリに輝いた松浦美帆さんは芸能界を目指していたわけではなく偶然来場していたことがオーディションに参加したきっかけと語っています。

ネットではほんとうにそんなことがあるのか、デキレースじゃないのか?という声が上がっています。


スポンサードリンク








松浦美帆さんのグランプリに関するネットの反応


・「これって…かなりの確率で、この子が優勝するためのオーディションだったんじゃ…。」

・「偶然来ていて声かけられてダンスや歌の審査まで受けたってこと?
 普通の人ってオーディションのために練習してくるんじゃないのかな?
 練習とか何の準備もせずグランプリならものすごい才能の持ち主だ。」

・「偶然じゃなく参加していた子たちが気の毒…
 まさか話題性のための演出・仕込みじゃないよね?」


たまたまサンリオピューロランドに来たらたまたまオーディションをやっていて、グランプリになったというストーリーには懐疑的な目を向ける方が多いようです。

第1回 KiRA KIRA GIRLS オーディション


第1回 KiRA KIRA GIRLS オーディションは5月28日にグランプリを決める決勝大会が行われました。

しかし、その前には1次審査が3月19日から21日の間に行われていて、応募総数307人の中から33人に絞り込まれたそうです。

もちろん1次審査のエントリーにはエントリーシートの提出が必要で、たまたまサンリオピューロランドに来てエントリーシートを提出したという流れにはちょっと???となってしまいます。

1次審査は応募者307名がサンリオピューロランドで楽しそうに遊ぶ様子がチェックされたようです。

入場した多数の応募者の様子をどうやってチェックしたのかも疑問に残りますよね。

1次審査の応募条件には、応募段階で事務所やレコード会社に所属していない人となっていますが、あらかじめ松浦美帆さんをスカウトした段階でグランプリが決まっていて、事務所に公式に登録する前にグランプリになったと考えるのはうがった見方でしょうか。

また最終審査に参加するには親権者の同意が必要と書かれていましたので、偶然グランプリになりましたという話は考えにくい気がしますね。

松浦美帆さんの高校はどこ?


あらかじめ決まっていたかもしれないとはいえ、松浦美帆さんは173センチの見事なモデル体型の女の子でこれからの活躍が期待されます。

通ってる高校が気になりますね。

記事によれば松浦美帆さんは静岡県出身の高校2年生で都内の高校に通っているそうです。

出身は静岡県ですが、現在は都内に在住しているようですね。

調べてみましたがまだ事務所に所属していない普通の女の子と変わらないので、通っている高校は判明していませんでした。

「スペースクラフト」に所属後に何らかの発表があるかもしれません。

スポンサードリンク








まとめ


松浦美帆さんのシンデレラストーリーに注目が集まっていますが、オーディションを主催した「スペースクラフト」の話題作りではないかとの見方は強いです。

いまどきの女子高生の子がサンリオピューロランドにオーディションの情報なしに遊びに行きますかね?

普通に考えれば、都内の女子高生ならディズニーリゾートの方に行きますよね。

でも、まだまだ垢ぬけない感じですが、173センチのモデル体型をお持ちの松浦美帆さんはこれからますますキレイになって雑誌などで活躍されそうです。

今後の活躍にちゅうもくしたいと思います。

スポンサードリンク


この記事へのコメント